マインドフルネス瞑想 One-Day Retreat ≪兵庫/オンライン≫ 毎月1回土曜10:00~17:00

Sitting Meditation in a Japanese Temple

マインドフルネス(気づきの瞑想)を実践するための一日瞑想会を開催いたします。マインドフルネス瞑想の経験がある方はもちろんですが、瞑想が初めての方も体験的に参加していただけます。

座る瞑想、歩く瞑想、ボディスキャン、マインドフルヨーガ、食べる瞑想、メッタ瞑想など、多様な形で瞑想に取り組みます。

参加者は終日沈黙を保ち、講師のガイドに従って瞑想を実践します。最後の1時間は沈黙を破り、仲間と一日の取り組みについてシェアします。

実践ベースのサイレントリトリートのため、ここではマインドフルネスについて解説する時間を取っておりません。詳しく学びたい方はMBSR8週間コースの受講をご検討ください。

リトリート≪参加者の声≫

日 時:2022年12月 3日 (土) 10:00-17:00
    2023年1月14日 (土) 10:00-17:00
    2023年2月 4日 (土) 10:00-17:00
    2023年3月 4日 (土) 10:00-17:00
    2023年4月15日 (土) 10:00-17:00
    2023年5月13日 (土) 10:00-17:00
    2023年6月17日 (土) 10:00-17:00
場 所
医王山安養寺(兵庫県宍粟市)
    ※Zoomオンラインでも参加可能
宿 泊:前泊と後泊が可能です。
    詳細についてはお問い合わせください。
持 物
:ヨガマット、弁当、飲物、他
講 師:僧侶/MBSR講師 井上寛照
対 象
:MBSR修了生、瞑想経験者、瞑想初心者
定 員:20名
参加費
:1日3000円
申込方法
:Step① メールで申込
     Step② リトリート申込フォーム
     Step③ 事前面談
     Step④ 銀行振込(オンライン参加)
     
※2回目以降はStep②③は不要です
お申込先:安養寺瞑想実践会
     anyojisangha@gmail.com

参加する環境

◆リトリート(一日瞑想会)では、普段生活している場所を離れて瞑想の実践に集中することにより、日常生活における実践とは違うレベルで、より気づきを高める機会となります。
◆オンラインで参加される場合も、可能であれば、普段お住まいの場所ではなく、リトリートに集中できる環境下(宿泊施設など)でご参加いただくことをお勧めいたします。
◆他の受講者の方のプライバシーや心理的安全性の確保、リトリートとしての雰囲気の確保などの観点から、同居されている方の姿や声が入らないようにお願いいたします。
◆また、ご自身のPCの音や映像が同居されている方に届かないようにご配慮をお願いいたします。

外部とのコミュニケーション

◆リトリートの間は、外部とコミュニケーションを取らなくて良い体制を整えます。携帯電話やスマートフォンは電源を切るかマナーモードに設定します。
◆オンライン参加の場合はPCで参加されることを推奨します。Zoomアドレスに接続して、画面オン、音声ミュート、名前@場所、を基本設定とします。
◆リトリート中は「沈黙」を保ち、読み書きも控えます。オンラインで何か困りごとがあれば、チャットで講師にお伝えます。必要に応じて昼食時間などにお話する場を設ける場合もあります。

時間管理

◆時計を外し、時間に支配されることを手放します。講師が時間の管理し、予定している時間通りに終わります。今ここに存在することに限界はありません。一日中、実践を継続しましょう。

自分をいたわり、他者をいたわる

◆高貴な沈黙はあなた自身へのプレゼントです。あなたの内なる視線を育んでいきましょう。
◆参加者以外の誰かに会った時でも、手短に話を終えて、沈黙の中で気づきを保つようにします。
◆リトリートではグループで瞑想の実践に取り組みます。沈黙の中においても、やさしさと決意を持った存在となって参加者同士を支え合います。
◆実践の強度を自分で選びます。体調が優れない場合は身体を休めることを優先します。
◆所定の休憩時間以外でも、飲みものやお手洗いなど自由に対応していただけます。
◆室温、姿勢、椅子、マット、クッションなど、ご自身の体調に合わせて気を配りながらご参加ください。

受講要件

◆他者からの紹介であっても、ご自身の意志で参加をご決断ください。
◆セッションを遅刻早退される場合は、あらかじめ講師にご連絡ください。
◆リトリート中は、個人情報保護の観点からファーストネームでの参加とさせていただきます。
◆リトリート中に自分自身の体験についてシェアする場面がありますが、シェアは強制されるものではなく、差支えない範囲でシェアしていただければ結構です。
◆リトリート中に共有されたことは、リトリート以外の場に持ち出さないように秘密の保持にご協力をお願いいたします。
◆シェアリングに際しては、参加者同士お互いに敬意をもって、オープンな心で臨まれてください。
◆精神疾患等により医療機関にかかっている場合は安全のため参加が認められないことがあります。
 (例:境界性パーソナリティ障害、統合失調症、薬物依存、アルコール依存、1型糖尿病、過去に自殺を試みた経験があること)
◆リトリートは医療行為ではなく、その代替行為でもないことをご理解ください。