井上寛照
1971年生
高野山真言宗少僧正
医王山安養寺代表役員/住職
高野山金剛峯寺阿字観上級指導者
NPO法人サイモントン療法協会認定スーパバイザー
MBSR (マインドフルネスストレス低減法) 講師(in training)
TSM(トラウマセンシティブマインドフルネス)講師(in training)

父方の祖父と父は真言宗僧侶、母方の祖父は曹洞宗僧侶であり、真言密教と禅の文化を行き来しながら育ちました。21才で真言宗僧侶となるものの、仏教を現在社会にどのように活かしてよいか分からず、自分の生き方を求めて職を転々としました。

20年代後半に入り、地元からの要望に応じて安養寺寺子屋を開設し、小学生から高校生までに学習指導や進路指導を始めました。安養寺寺子屋は江戸時代から断続的に続いてきたものであり、好評を得て多くの生徒が集まり、2020年4月まで地元で一定の役割を果たしました。
 
一方で、不登校、虐待、不安障害、うつ病などの心理相談を受けることが多くなり、心理カウンセリングの理論と技術を学び始め、その研修先として公立病院の緩和ケア病棟で心のケアに携わるようになりました。そこでは、がん患者さんや医療スタッフの傾聴や臨床瞑想に徹していました。

ところが、ある若いがん患者さんの闘病生活に長く関わる中で、傾聴と臨床瞑想だけでは不十分と思うようになり、生きる希望が持てるようなサポート方法を模索する中で、がん患者さんのために開発された米国発祥の心理療法・サイモントン療法に出会いました。

同療法を学び実践するようになり、それまでに抱えていた疑問が氷解し、自分自身の心身も安定感を増してくことを実感しました。その後、2012年に同療法の認定セラピストとなり、がん患者専門の心理療法家としても活動するようになりました。

サイモントン療法は認知行動療法とイメージ療法を核にして構成されていますが、2015年頃より認知行動療法を発展させる形でマインドフルネス瞑想(仏教瞑想)を取り入れるようになり、私自身もマインドフルネス瞑想に活動の軸を移していきました。

2021年よりIMCJ主催のMBSR (マインドフルネスストレス低減法) 講師養成講座一期生としてマインドフルネス瞑想をさらに深く学び実践し、2022年10月以降にはMBSR講師としてマインドフルネス瞑想の普及活動に携わる準備を進めております。